ADHDグレーゾーン息子ママの、中学受験全合格体験記!!

ADHDグレーゾーンの息子だけど、なんとしても中学受験を成功させたい!と猛奮闘、2019年度の中学受験で、首都圏の有名中学7校全ての合格を果たした成功体験記!わからないことは即調査!為せば成る!思い立ったら即行動!を合言葉に、鼻息荒いママバオー母と心優しい息子の二人三脚の道のり、その秘訣と秘密の全てをお教えします!日能研の役立ち情報も目一杯載せてくよ!

中学受験を決意するまで①

中学受験成功への道!が最大のテーマなのだから、

早くみなさんに役立つ情報に行きたいのだけれど。。。

でも、やっぱり、私達親子がどうして過ごしてきたのか、

そもそも中学受験を決意するに至った経緯は書いておきたいな、

と思いますので、しばしお付き合いください(*^-^*)!

 

 

 

 幼少期

31歳で、初めての子である長男を授かってから、私の戦いが始まりました。

言葉がとても遅かった長男。

でも、とにかく、とにかく好奇心が旺盛。

なんでも手を出して、常に動き回り、

動くものに突進していく、そんな子でした。

離乳食はにぎって投げて、なんというか、

神経質の正反対にいるような男の子。

手の届く本棚の本は、毎日全て落とさずにはいられない、

そんな男の子。

女三姉妹で育った私は、男の子ってすごいな、

想像を超える手のかかりようだなと日々へとへとでした💦

 

 

 

 

実家から遠く離れて暮らしていたため、

親に協力してもらうという選択肢はなく、

でも、その当時の私は必死でした。

私は歩けるようになった長男を連れて、

一日2回は公園に連れて行くのが日課でした。

午前と、午後、とにかく、外に連れ出す。

時間があれば外に連れ出して、

昼寝してくれている間と寝かしつけの後に急いで家事をして。

へとへとだけど、ヨレヨレだけど、

それが男の子に一番良いのだと信じて。

 

 

 

f:id:adhd-gray-mama:20190619160453j:plain

追って追って追いかけまくる日々!

 

おや?おかしいなと思ったきっかけは、

近所の児童館で行われた、

「親子ふれあい教室」というものに参加するようになってから。

対象年齢が2歳とはいえ、相手もプロ。

リトミックの先生が、毎回手を変え品を変え、

絵本だったりおもちゃだったり楽器だったり、

子供の気を引くような内容で楽しませてくれました。

でも。。。。

毎回、息子はなぜか教室を飛び出していきました。

そして、児童館の中をひたすらウロウロ。

他の子は、完璧に集中、とまではいかなくても、

それなりに興味を示している様子。

でも、息子は我関せず。

自分のペースで、自分が行きたいところに行く、

私はそれを追いかける。

 

 

 

 

せっかく抽選で当たったのに、

外に飛び出していっちゃうなんてちょっと勿体ない。。。

と思いながら帰宅。

そういえば、この子、何かに突進していくときは、

私がどんなに大声で声をかけても

振り返ったり反応したりしないかも。

そういえば、1歳児検診の時も、

耳が聞こえていないかもと疑ったことがあり、

検査方法を聞いておじけづいてやめた記憶がよみがえりました。

(麻酔を使って眠らせると言われてビビってやめた)

と、これはあとになってから気が付いたのですが、

そんな猪突猛進な特性は、

なんだかんだ、長い間変わることはありませんでした。

 (中学生になった今もそんな傾向があります)

 

 

 3歳児検診で

いよいよ決定的になったのは3歳児検診の時。

保健所内の検診の部屋をとにかく忙しく動きまわる息子を

相変わらず汗だくで追いかけつつ、

最後の問診の時でした。

 

 

 

問診してくれる保健師さんが

いろいろ話しかけてくれているのだけど、

息子はいつものように部屋を飛び出し、

どこかへ駆けていってしまいました。

いつものように、どんなに呼んでも、

振り返りもせず、ただただ、走っていく息子。

追い付かない、止められない、母親なのに!

必死になって連れ戻した時、私はなんだか悲しくなって、

不思議と涙が出ていました。

すると、保健師さんから、

「お母さん、ちょっと困ってる?

ひょっとして、だけど。。。

少し、相談するところがあるわよ」

その一言を聞いた時のことは、

ショックだったのか、あまり覚えていません。