ADHDグレーゾーン息子ママの、中学受験全合格体験記!!

ADHDグレーゾーンの息子だけど、なんとしても中学受験を成功させたい!と猛奮闘、2019年度の中学受験で、首都圏の有名中学7校全ての合格を果たした成功体験記!わからないことは即調査!為せば成る!思い立ったら即行動!を合言葉に、鼻息荒いママバオー母と心優しい息子の二人三脚の道のり、その秘訣と秘密の全てをお教えします!日能研の役立ち情報も目一杯載せてくよ!

中学受験生のために親のできること  ~その2~ 【TO DOメモを渡す】

やるべきことが一目でわかることが大事

前回のブログでは、

お子さんのために親ができることとして、

毎日、お子さんがすぐ勉強できる準備を整えておくこと、

とお話ししました。

 

 

 

私がADHDグレーの息子のためにやっていたもう一つの

習慣、それは。

塾に行く時、「TODOメモ」を渡す。

ということです。

ちなみに、「TO DO メモ」とは、「やるべきことのメモ」

という意味です。

 

 

 

 

このメモには、こんなことを箇条書きで書きました。

  • 質問があれば、「算数 カリテ 質問3個/国語 栄冠〇〇ページ」
  • 渡すプリントがあれば「〇〇提出」
  • 塾のスタッフに確認してきてほしいことがあれば「○○について確認」

など。

とにかく、その日塾でやってくるべきことを、

メモに書いて渡しました。

 

 

 

前回のブログでも強調したとおり、

私は、小学校のことに関してだけは、

持ち物や提出物の準備をしてあげる、

なんてことはしませんでした。

そこは、必要最低限、自分で責任をもってやってほしかったから。

息子が失敗してでも、そこは譲れないと思って見守りました。

実際、息子は、小学校の準備については、

「これはお母さんが手伝わないんだ」

と自覚しているおかげで、

毎朝結構丁寧に確認していました。

 

 

 

ただ、塾についてだけは、別と割り切りました。

だって、塾に行っていると、

日々本当にいろいろなプリントを持ち帰り、

毎日新しいことを習ってきて、

さあ、次は別のイベントがあって、

先生から生徒には次々新しい指示やら課題があって。。。

と、本当に目が回るような忙しさ。

これを、日々の学校生活に組み込んで、

更に忘れ物をしないようにしようとか、

先生にあれを伝えてこれを渡して、

って、それを子供が忘れずにこなすのは

相当厳しいことです。

 

 

 

 ADHDの子には、視覚に訴えるのが一番

 

で、こちらも、口頭で伝えたことを忘れられたりすると、

余計なことでイライラしたりする。

そこで、一目見てすぐわかるメモを導入したわけです。

それは、ADHDの特性にも合致した方法です。

(視覚からの情報が伝わりやすい、という特性)

 

 

 

どうしても、注意力散漫で、

しまったものを探したりするのが苦手な息子。

いろいろなことを忘れがちな息子。

言われた指示を忘れがちで、

そのせいで、何度も注意されたり、

みんなから低くみられてしまうこともある息子。

 

 

 

そんな特徴も少しずつ改善していかなければ

いけない特徴だということは重々認識していましたが、

前述のとおり、塾はとにかく忙しい。

勉強に集中してほしい塾で、

「また忘れたの?」

な状況をできるだけなくすことで、

自尊心を失わないで勉強を続けてほしいと思い、

また、私の余計なイライラもなくしたくて

続けた日々の習慣でした。

 

 

 

このメモを渡すタイミングも結構大事で、

私は塾に行く直前に渡していました。

塾のある日は、息子が小学校が終わる時間に近くで

車で待機し、最寄りの駅まで送り届けていました。

(自宅⇒学校⇒駅が結構な距離があったため、

一旦自宅に帰っていると塾に間に合わないから)

ので、このメモは、学校帰りの車の中で渡しました。

ただメモを渡すだけでなく、

「今日は〇〇と、〇〇の確認があるからね」

と口頭でも確認しながら渡しました。

 

 

 

 質問する箇所もわかりやすく

ちなみに、各教科の先生への質問は、

6年生になると結構な頻度で出てきます。

というのも、ほぼ毎週毎週テストがあるため、

そのテストの結果をみて、振り返りをして、

それでもわからないところ、

どうしてバツだったのかを

質問することが大変重要だからです。

 

 

各テストのチェックの仕方と

テスト結果の活用方法については、

後日別ブログでじっくり

お話ししようと思っているのですが。。。

子供が先生に質問するべきページや、

場所は、どうぞわかりやすくしましょう。

私は、メモには、

「算数 カリテ 質問3個」とか

「社会 栄冠53ページ3⃣」とか書いておいて、

質問すべきページにはポストイットを貼って

すぐ開けるようにしておきました。

ポストイットに「質問」と大きく書いて。

これも、時短のため。

質問って、どこだっけー?

と息子がモタモタしていたら、先生もイライラするし、

時間がもったいない。

 

f:id:adhd-gray-mama:20190619103847j:plain

これで一目でわかりやすい!

このポストイット作戦、

質問した内容をこのポストイットに

書くことができるというメリットもありました。

で、質問してきた内容をそのままそのページに張り付けておくと、

その後の財産になる、という仕組み。

ので、張り付けるポストイットは、大きめのものをおススメします。

あ、ちなみに、一回質問した内容なのに、

またわからなくなって、再度質問しなければいけない、

ということが、子供には結構あります。

完全に理解するのって時間がかかることありますから。

そういう時のためにも、質問した内容を記録しておくって、

すごく大事なことだなって、それはすっごく思いました。

 

 

f:id:adhd-gray-mama:20190619103941j:plain

質問した内容を張り付けて記録しておくのは、すっごく大事なことです!

 

 

こんなに準備万端整えていても、

息子はメモ自体をなくしちゃうとか、

先生に渡すべき手紙をそのままどこかに

落としてきちゃう、とかもありました💦

それでも、このメモの存在のおかげで、

息子もやり忘れることが少なくなって、

私のイライラも少なくなって、、

やはりやっていてよかったことだと思ってます😊

 

 メモ魔のわたし

 

ちなみに、私は自他ともに認める相当なメモ魔です。

毎日「TO DO メモ」を書かないことはありません。

メモを書く量もハンパなければ、

書くスピードも相当なものです。

このブログも、その記録の賜物です。

 

 

 

ここまで読んで、

「これって子供を甘やかしすぎなんじゃ」

と思われたかもしれませんが、

中学生になった息子は、そんな私を見てか、

メモの大事さを理解してくれています。

つまり、メモをとると、忘れないから便利だ!

ということがわかってくれているようです。

ので、息子は中学校に小さいメモパッドをもっていってます。

そして、大事なことは結構メモしてきてくれるから、

これは私が手本を見せた、ということの

成功事例なのかな?

 

 

 

次回は、我が家が実践した、

子供が勉強する環境についてお話しします!

 

 

【POLA】リンクルショット