ADHDグレーゾーン息子ママの、中学受験全合格体験記!!

ADHDグレーゾーンの息子だけど、なんとしても中学受験を成功させたい!と猛奮闘、2019年度の中学受験で受験校7校全ての合格を果たした成功体験記!親子二人三脚の道のり、その秘訣と秘密の全てをお教えします!日能研情報も目一杯載せてくよ!

中学受験 インフルエンザ対策② ~インフルエンザ予防薬 編~

 

ここからは、我が家が試したインフルエンザ予防薬についてお話します。

ただし、前もってお断りしておきたいのは、これはあくまでの我が家のケースで、

私は医師ではありませんし、専門的なこと、正しい使用方法については、

必ず専門家の方へご相談くださいね。

 

 

 

我が家が受験を決めて塾通いしていた頃、

中学受験を2年前に経験した女の子のママから、

「インフルエンザの予防薬として試験の2日前くらいにイナビルを使ったよ」

という話を聞いていました。

その時は、「なにーっ?試験前にイナビル使ったら、

インフルエンザにかからないの!?

良いこと聞いた!」と思っていたのですが。。。

いかんせん、自分が使用したこともないから、果たしてそれは安全なのか?

かえって子供が具合悪くなったりしないのか?というのが少し心配でした。

これまたいろいろ検索しても、抗インフルエンザ薬を予防薬として

使えるという記事はいろいろ見つけたのだけど、

中学受験の子供に使ったという体験談などが見つからず。

なんとなくモヤモヤ。。。

さて、どうしようかとずーっと気にかけていたら、

いよいよその季節に差し掛かり、予防接種の予約も済ませた同じ頃、

丁度日能研の保護者会がありました。

 

 

 

そこで、受験生相手をしているプロなら、

絶対情報を知っているにちがいない!

と教室担当の先生に

「みなさん抗インフルエンザ薬を予防薬として使用している

という話はありますか?」

と聞いてみたところ。。。

「いや、それは聞いたことがないです。」との驚きの発言!

えーーーーっ、うっそーーーー!なんで?

世界で一番インフルエンザに興味があるであろう中学受験のプロが、

聞いたことないって。。。うっそーん!

少々あんぐりな気持ちでいると、

「みなさん、予防接種は必ずされるようですが、

それでいいのではないでしょうか」

とのこと。

 

 

 

はあ、そうですかと、帰宅してから、

結局よくわからんわ!と思い、

じっとしてられない私は、

早速予防接種の予約を入れた病院に問い合わせてみたところ、

待つことしばし。。。小児科に転送してしばし。。。

小児科の看護婦さんより、

「処方できるかどうかは医師の診察後の判断になります。

処方できるとして、タミフルやイナビル、リレンザ

いずれかを使うかも、医師の判断になります」

との説明。

ほうほう、ということは、きっと処方してもらえるのね、

ぜひぜひ診察お願いしたいです、

と伝えると、予防接種の当日、

予防接種が済んだ後に小児科の診察予約をいれておくから、

小児科に移動して診察を受けてください、とのこと。

とにかく、処方してもらえる可能性があることがわかったから良かった!

続く。。。