ADHDグレーゾーン息子ママの、中学受験全合格体験記!!

ADHDグレーゾーンの息子だけど、なんとしても中学受験を成功させたい!と猛奮闘、2019年度の中学受験で、首都圏の有名中学7校全て(立教新座、明大中野、明大八王子、開智、芝浦工大柏、専修大松戸、獨協埼玉)の合格を果たした成功体験記!わからないことは即調査!為せば成る!思い立ったら即行動!を合言葉に、鼻息荒いママバオー母と心優しい息子の二人三脚の道のり、その秘訣と秘密の全てをお教えします!日能研の役立ち情報も目一杯載せてくよ!

中学受験 インフルエンザ対策 ① ~予防接種の予約~

 

中学受験のインフルエンザ対策をお話しします!

 

 

なんでも熱く語ってしまう私、

ブログを始めてから、ついつい一つ一つの話が長くなり、

これじゃあ、

受験生ママが一番知りたいことをなかなか伝えられてないじゃない!

って気が付いたから。

まず、大事な大事な話をお伝えしたくて!

私が、受験期間中、一番、一番知りたかった話題。

 

 

 

 

 

それが、中学受験生のインフルエンザ対策です!!!

だって、受験の最大の敵といえば、インフルエンザではないでしょうか?

受験当日まで、どんなに努力してきても、

インフルエンザにかかり熱のある状態での合格はきびしいと、

だからこそ、私もビビりました。

見えぬウイルスに、ビビりまくりましたよ、そりゃあ!

 

 

 

だからこそ、ずいぶん前からインフルエンザ対策のことは考えていました。

予防接種、R-1ヨーグルト、インフルエンザ予防薬。。。

万が一かかったら。。。おー怖っ!!

それぞれについて今から細かく書きますね!

 

 

 

と、ずいぶん前から考えていたくせに。。。。!!

近所の内科でいつからインフルエンザの予防接種予約をしているかを

前もって調べていなかったという失態!

どうした!?いつもの神経質な私はどこへいった!!??

気づいたのは、受験する前年(つまり、2018年の)

11月5日頃だったでしょうか。

近所の内科の予約は既に一杯でした!

あわてて別の耳鼻科にも問い合わせたところ、「うちでは予防接種をしていません」とのこと!

なにそれ、ありえない!と怒りすらこみあげてくる私(自分に怒れってば)

 

 

 

猛烈にあせって、もう少し離れた総合病院に問い合わせたところ、

11月下旬頃までは一杯だけど、日中の時間帯なら予約可能とのこと!

インターネット予約をしてくださいと言われて調べたけれど、

なかなか予防接種の画面にたどり着かず、

イライラマックス!大げさかもしれないけど、

もどかしすぎる!たすけてだれか!

ようやく画面にたどり着くと、11月下旬までは予約一杯だけど、

それ以降なら、午前中の時間帯なら空いている!!

これは迷っている場合じゃないと判断し、

長男と長女の分について、11月下旬の日程で午前中の時間帯を予約。

12歳以下については、予防接種は2回必要となりますが、

この病院は1回目の予約がとれれば自動的に2回目の予約も

とれたことになると聞いてホッと一安心。

 

 

 

と、予防接種の予約がとれるまで、無駄にイライラ菌をばらまいた数日でしたが、

後日分かったことなのですが、インフルエンザの予防接種は、

大体効果が3ヶ月ほどなので、あまりにも前に受けてしまうと、

予防接種の効果がきれてしまうそう。

だから、結局、平日の日中に学校を途中で抜け出して

予防接種することになってしまったけど、

結果的には丁度良い日程でおさえられたようです。

 

 

f:id:adhd-gray-mama:20190705154912j:plain

 

結論!

11月下旬にに1回目、12月頭頃に2回目を受けることに!

予防接種の効果3ヶ月を考えると、これが、

結果ベストだったのではないかと自分では思います。

だって、あまりにも間際に受けるのも、やっぱり、心臓に悪いから。

小学校には、連絡帳で事情を説明したところ、

当然ですが、途中で抜け出すことについては快くOKしてくださいました。

で、もちろん、私達夫婦もしっかり予防接種して

(不思議だけど、大人については予約がいらないとのこと。

子供だけなんであんなに熾烈な予約合戦なの!?)

 

 

 

とはいえ、受験生ママのみなさん、

ついつい日々の忙しさで忘れがちですが、

近所の内科で、インフルエンザの予防接種の受付は何日からか、

そして、日付を指定して受けられるのかどうかは、

きーーーーーっちり前もって確認しておいてくださいね!

そして、手帳にでっかく書いておいてください!

これで、イライラ菌をまき散らすお母さまが減ることを祈る私。

 

 

 

 

そして、私自身は、これでまず一つ、インフルエンザ対策として、

できることはやったと安心していました。

この時までは。。。つづく。。。。。