ADHDグレーゾーン息子ママの、中学受験全合格体験記!!

ADHDグレーゾーンの息子だけど、なんとしても中学受験を成功させたい!と猛奮闘、2019年度の中学受験で、首都圏の有名中学7校全ての合格を果たした成功体験記!わからないことは即調査!為せば成る!思い立ったら即行動!を合言葉に、鼻息荒いママバオー母と心優しい息子の二人三脚の道のり、その秘訣と秘密の全てをお教えします!日能研の役立ち情報も目一杯載せてくよ!

子供が丸付けをごまかす、答え合わせをごまかす問題について  ~その3~

【事件3】

夏休み中の丸付けごまかし事件を受け、

息子をギッタンギッタンに叱ったり、

なだめたり、すかしたり、説得したり。

自分もいろいろ反省してみたり。

  考え着く限りの、

  ありとあらゆる手段を講じたつもりでした。

そして、息子も、さすがに反省したのか、

「次におなじごまかしをやったら塾をやめます」なんて

誓約書を自主的に書いてました。

 

 

 

だが、しかし。。。

夏休み明けの9月だったでしょうか。

後期日特で参加した過去問の答え合わせすらも、

ごまかしてることが判明しました。

 

 

 

自宅に帰ってきて、点数のすこぶる良い答案用紙を見ると、

「あら、この学校、余裕で受かるんじゃない?」

と、良い気になってました。

しかし、後日、先生からコメント付きで帰ってきた回答用紙を見て愕然!

全然、点数、違うじゃん!!

 

 

しかし、息子のごまかし方も非常に稚拙で安直。

自分の回答を消しゴムで消した跡がある。

でも、これ、後日バレるのに、どうしてやるの??

そこらへんのツメが甘いのね、子供だけに。

 

 

 

 

とはいえ、この時の私の衝撃も、相当でした。

  「また裏切ったね!」って大騒ぎしました。

   で、全ての教科書をゴミ箱に投げつけ、

  大げさでなく、2日くらい、寝込みました。

   こんな息子、どうにでもなってしまえって、全身の力が抜けて。

   で、3日経ったある日、息子が言うわけです。

「ママがいないと僕だめなんだ」

何と情けない!と思いながらも、

なんだかんだ一緒に勉強した記憶があります。

   長い長い受験期間で、最もイヤな思い出です。

 

f:id:adhd-gray-mama:20190616204219j:plain


 

 

一応、息子の言い訳的には、

「あんまりにもできなくて(点数がとれなくて)、イヤだったから」

とのこと。

アホかーーー!

 

 

 

でね、その時、改めて思い出したんですよ、

過去問を始める時の保護者会での先生の話を。

 「普段の成績に比べて妙に過去問の出来が良い子は、

 ごまかしてる可能性があるんですよね。

 そういう時は、声かけすることがあります」って。

 「早めに気づかないと、取り返しがつかなくなります」って。

保護者会では、先生はサラーっと言ってたし、

「だから保護者のみなさん、気を付けて監視してくださいね

とも言わなかったんだけど、それって、

「受験生あるある」ってことじゃん!と。

今思うと、

暗に「そこらへん、気づいてくださいよ、保護者のみなさん!」

って警告だったのかしら???と。

 

 

 

 

で、ネットで検索してみたら、

子供の丸付けのごまかしや丸写しで困っている

悩みを相談しているサイトやら知恵袋が、出てくる出てくる。

 

 

 

 

でね、やっと、やっと悟ったんです。

こりゃ、戦っちゃいけないんだ、って。

これは、相手(=子供)を変えるんじゃなくて、

私が変わらなきゃいけないんだ、って。

 

 

 

前回のブログでも言いましたが、

私がここでこうして苦しい経験を告白しているのは、

自分が愚痴りたいわけでも、

私がどれだけ努力したかを自慢したいわけもありません!!

あくまでも、

「そこのお母さん、あなただけじゃないですから!」

って、声を大にして言いたい、それだけです。

 

「かなしいけど、子供のごまかしは普通にあることですから」

と、そんなに落ち込まないで、怒らないで、

ということが言いたいだけです。

 

 

 

で、辛い辛い事件の数々の告白は、ここで終了。

大丈夫、対処方法はありますから!!

 

 

 

いよいよ、次回、解決編を語ります!