ADHDグレーゾーン息子ママの、中学受験全合格体験記!!

ADHDグレーゾーンの息子だけど、なんとしても中学受験を成功させたい!と猛奮闘、2019年度の中学受験で受験校7校全ての合格を果たした成功体験記!親子二人三脚の道のり、その秘訣と秘密の全てをお教えします!日能研情報も目一杯載せてくよ!

中学受験のインフルエンザ対策(追記)~自分が感染して思った大事なこと!~

GW明け、インフルエンザにかかりました(私が)!

 

 

四月頃から季節外れのインフルエンザ流行の話は聞いてましたが。。。

どうやら、GWに外出した時にもらってきたようで💦

(たしかにテレビでもGW期間中の感染拡大に注意って言ってたわ)

私としては、約10年ぶりの感染。

妙齢44歳、ホントキツかったー!

 

 

 

で、自分が久しぶりに感染して、改めて思いました。

インフルエンザ、怖い!

インフルエンザ、やっぱり普通の風邪とちがう!!!

普通の状態では、いられない!

受験生には本当に本当に大きな敵だな、って!!

 

 

私が症状に気づいたのは、GW最終日の夕方。

とにかく、片方の鼻から滝のような鼻水が。

で、鼻をかんでもかんでも鼻水はとまらない。

とにかく、滝のように鼻水がとまらない。

ん?この季節に新しい花粉?PM2.5

でも、特に具合は悪くなく、なんなんだろうなーと

止まらない鼻水に栓をして就寝しました。

 

 

 

翌日、午前中に買い物などの用事をすませていると。。。

午前10時頃から、なんだか、急激に具合が悪くなってくる。

ゾクゾクして、頭がクラクラして、

これは危ないと思いすぐ帰宅。

すぐ熱を測ると、73分。

でももう、そこから、ほぼ立ち上がれず。

ものすごい悪寒に電気あんかを引きずり出し、

あとは布団にくるまって、意識朦朧。

初めて検温してから、たったの30分後には89分をマーク。

何かおもかしいかもと思ってから、ものの1時間でこんな状態になるなんて!

すぐに、普通の風邪じゃないとわかりました。

きっと、いや絶対インフルエンザだ!

でも、今すぐ病院行っても陽性反応がでないかもしれないと、

そのまま、息子が帰宅するまで震えながら待ちました。

そして、夕方五時半頃(この時点で発熱から7時間が経過)病院へ行きました。

 

 

 

朝から食欲もなく、水分もあまりとれていなかったため、

水分補給の点滴を受けつつ検査結果を待ちました。

で、結果はインフルエンザA型の診断。

食欲がないからB型かなと思ったけど、A型でした。

 

 

 

 

で、ここからが大事です。

今現在主人が単身赴任中であること、下の娘が小さいので早く改善したい旨を伝えると、先生は以下の薬を処方してくれました。

●抗インフルエンザ薬として、ゾフルーザ

●解熱剤(カロナール)を頓服として6回分

●喉や鼻の症状を和らげる薬

 

 

抗インフルエンザ薬の選択肢はいろいろあるのはご存知の通りと思いますが、

ゾフルーザは、先生に私自身がリクエストしました。

というのも、息子が受験期間中の1月下旬頃インフルエンザA型にかかった時、

こちらを昼間に飲んだら、夕方にはすっかり熱が下がったから、

その効果を期待してこちらをチョイス。

そもそも、イナビルといった吸入系は、

息子が予防薬として吸入したというのに、

効果がみられなかったためそもそも信用しておらず。

(もちろん多少の効果はあったのかもしれないが、

結果的に、息子はイナビルを予防薬として吸入したたった3日後に

インフルエンザA型に感染したから、

気持ち的に信用しておらず。

ただし、これは我が家のケースなので、

処方を頼む時は、ご自分でしーーーっかり医師に相談してくださいね!)

→ここらへんのことは、以前書いたインフルエンザシリーズのブログで詳しく!

(注:詳しすぎるくらい詳しいので、お時間ある時にゆっくりどうぞ(笑)⇓

 

中学受験 インフルエンザ対策 ① ~予防接種の予約~ - ADHDグレーゾーン息子ママの、中学受験成功体験記!!

中学受験 インフルエンザ対策② ~インフルエンザ予防薬 編~ - ADHDグレーゾーン息子ママの、中学受験成功体験記!!

中学受験 インフルエンザ対策③ ~インフルエンザ予防薬 編 リレンザ&イナビル&タミフル~ - ADHDグレーゾーン息子ママの、中学受験成功体験記!!

中学受験 インフルエンザ対策④ ~インフルエンザにかかったら~ - ADHDグレーゾーン息子ママの、中学受験成功体験記!!

中学受験 インフルエンザ対策⑤ ~インフルエンザにかかったら 続き~ - ADHDグレーゾーン息子ママの、中学受験成功体験記!!

 

 

 

ゾフルーザは、処方してもらってすぐ服用。一回ですむって、便利!

 

 

そして、特にお伝えしなければと思ったのは、解熱剤のこと。

インフルエンザの場合にやむを得ず使用する解熱剤の中には、

インフルエンザ脳症といった重篤な症状を悪化させるおそれのある解熱剤があるそうで。

先生にいわれたのは、バファリンボルタレンは使ってはいけないとのこと。

バファリン、どの薬局でも手に入りますよね!

あと、ボルタレンは、私、生理痛でよく使ってました!

ガーーーーーン!そんなの、初耳!!!

 

 

 

私に先生が処方してくださったのは、

アセトアミノフェン系のカロナール

こちらは、熱が上がる度に使っていいわよと言われました。

インフルエンザの時には、解熱剤はなんでもいいわけじゃないのよ、

ちゃんと確認してね、と!!!

熱があるからとむやみに熱を下げるのはよくないのかと思ってましたが、

頓服用に処方してくださったのは、

私の家庭の事情を考えてオッケーしてくださったのかもしれません。

 

 

 

ので、私は、以前あつーーーーーく、なかーーーーく語った

インフルエンザ対策の記事で、

「どんなに対策してもかかる時はかかるから、

できることはなんでもやろう!

そして、かかった時の対策をしっかりしておこう!」

とお願いしていました。

それは、万が一大事な試験の直前にかかった恐れがある時、

緊急でも診てくれる病院を下調べしておいてね、

ということであったり、

前もって解熱剤を用意しておいてね、

ということだったのですが。。。

今回、改めて!!!

解熱剤は、お子さんの年齢に適した、

インフルエンザ脳症を悪化させる恐れのない、

インフルエンザ用の解熱剤を前もって処方してもらっておいてください!

という、大事な大事なお知らせです!

 

 

 

これは別の病院で言われたのですが、

どんなに熱があっても、どうしても受験しなければいけない時は、

みなさん解熱剤を使って受験されますよ、って。

もちろん、各ご家庭によって考えがあるとはおもいますが、

どんな高熱が出ても、もし第一志望ならやはり受けさせてあげたいと思いますよね?

(もちろん、本人の意思が一番大事ですが)

その時、別室受験ができたとして、

もし間違った解熱剤を使って万が一のことがあったら。。。

ああ、怖い!!!

 

 

 

どうぞ、インフルエンザの予防薬を処方してもらう時、

万が一かかってしまった時の解熱剤も、

どうぞ合わせて処方しておいてもらうことを、強くおすすめします!

そして、インフルエンザは本当に急激に悪化しますので、

念のため、お守りがわりに、息子さんの受験当日用のカバンの中に 

 入れておいてあげてください。

私は、息子には、「急に熱が出ることもあるから、おかしいと思ったら飲みなさい」

と伝えておきました。

それだけでも、息子も私も、安心感がちがったように思います。

 

 

 

とはいえ、私は、結局、発熱してから熱が6度台に下がるまで約3日かかりました。

ゾフルーザを服用してからは、丸2日かかった計算です。

息子がゾフルーザ飲んだ時は、熱下がるのもっと早かったのにな。

そして、息子は、私ほど、全く辛そうではなかったのにな。

そこらへんの理由は、単純に若さなのか、

予防接種の効果が続いていたからか、

抗インフルエンザ薬(イナビル)の効果もあったのか??

だとしたら、やっぱり、

インフルエンザ対策(予防接種だったり予防薬だったりR-1だったり)は、

できること、なんでもやっておいて損はなし!

と、私自身は強く思います!

なんにしても、今回自分自身が感染してみて、

あの高熱と倦怠感と、意識の混濁する感じを味わいつくし、

やはり、インフルエンザって侮れないなと痛感したのでした。

結局、寝てることしかできず、食欲もほぼなし。

子供達にうつさないよう、自分の布団を隔離して、

水分をとり、アルコール除菌をしまくることしかできず。

それでも、子供達が寝た後、布団から這い出して、

朝食の準備やらお弁当作りとか、やりましたけどね!

(ちょっとだけ良い母親アピール、てへ) 

 

 

 

ああ、これが、受験生に起こってしまったら。。。

そりゃ、実力発揮は無理です、きっと。

ましてや、我が子がなんて想像しただけで、こわーーーーーい!

きゃーーーー!

 

 

 

 

どうぞ、しつこいですが、

改めて、過去のインフルエンザの記事をお読みいただいて、

(この記事中ほどにリンクあり)

万全の態勢&対策でのぞんでください!!!!!